2006年08月02日

圧巻なるアウディRS4のブレーキシステム。

「ブレーキディスクワイパーまで装備」


アウディのハイパフォーマンスモデル、S&RSシリーズの
新顔であるRS4が先々月末から国内でも販売開始。


カタログを取り寄せてみて、いろいろと驚く事がありました。
欧州メーカー、そしてアウディらしい真面目で徹底的な
造り込みがされているようですが、なかでもブレーキに関しては、
良い意味で「ここまで必要なのか?」と思ってしまう程です。




まず、420ps/43.8kg・mという大パワーエンジンと約1700kg
という重量を早く、確実に減速させるために4輪ベンチレーテッド
ディスクブレーキなのは勿論の事、フロントには8ピストン
8ポッドのキャリパーが使われています。


更に、ディスクはフロント365mm、リア324mmという大径タイプ。
また、フローティングタイプを採用して軽量化させ、放熱性も向上。
更に、ブレーキを冷やすためにフロント下部にNACAダクトを設置。
これだけでも抜かり無しと思ってしまいますが、なんとまだあります。


定評のあるアウディのクワトロシステム(4WD)を当然採用する
RS4ですが、更なる雨天走行時の安全性向上を狙うために、
雨天走行時になると自動で「ブレーキディスクワイパー」が作動。
これは、ブレーキペダル操作とは関係無しに定期的にパッドを
ディスクに接触させる機構で、ディスクの表面を乾燥させ、
制動力を低下を防ぐという、万全のサポートといえる装備です。


基本性能自体や、アウトバーンがあるなどの使用状況が
違うとは言え、国産車とはまた違う、徹底的な車造りが
されている事に驚きます。










レブリミット8250rpmというV8・4.2リッターの高回転NAエンジンを
6MT(ATは設定無し)とクワトロを駆使して思うがまま操る悦び。


ステアリングのスポーツモードを押せば、アクセルレスポンスが
鋭くなり、エグゾーストノートもスポーティに変化するだけでなく、
標準装備のバケットシートサイドサポートまでがドライバーを
ホールドするように締まり、強い横Gに対してドライバーをサポート。
こんな車でサーキットやワインディングを走ってみたいものです。


しかし、それでいて日常の使い勝手も良いところがRS4の
偉いところ。ボディタイプはセダンアバント(ワゴン)を用意。
価格はセダンが990万円、アバントが1008万円との事。
アウディとクワトロGmbHの技術、そして走りの哲学や遺伝子が、
RS4には強く息づいています。


アウディのアイデンティティーである「シングルフレームグリル」に
輝く、お馴染みの「フォーシルバーリングス」。
その横に「RS4」という文字が見えたら、
大人しく道を譲った方が良さそうです(笑)




「アウディRS4・カタログ表紙」




audi_rs4.JPG










アウディでは、その他にもS4・S4アバントS6S8という
ハイパフォーマンスモデルを用意しています。


「AUDI S・RS SERIESE」

「Audi Japan」




さて、車の買い替えをお考えの方へアドバイスです。


つい次に買う車の情報だけを集めがちになってしまいますが、
今お乗りの車を下取りに出す場合は、その査定額を事前に
把握していた方が次に買う車の購入シミュレーションが
立てやすくなります。


例えば、「今の車が意外と高く売れるみたいだから、次の車の
ランクを一つ上げてみよう」等という計画も立てられる訳です。
ガリバーではインターネットから手軽に出来て、しかも無料です。


あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定




また、ガリバーでは面倒な諸手続きをガリバーが代行
してくれる他、しかも愛車が来るまでの一定期間、代車を無料で
レンタル
するサービスもあります。

是非ご活用ください。
posted by 自動車情報・ニュースブログ at 20:41 | 宮城 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自動車情報・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

アウディRS4 AUDI RS4 (アウディ)
Excerpt: 「アウディRS4 AUDI RS4 (アウディ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年...
Weblog: クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!
Tracked: 2006-08-28 13:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。